軽くて強いESET Smart Security- 「軽さ」と「強さ」を両立できる理由について

ESET Smart Security のスッゴイ秘訣とスッゴイ技術

通常、セキュリティソフトの「強さ(性能)」ばかり求めると
パソコンにかかる負荷が大きくなり、パソコンの動作が「重く」なってしまいます。

ESET Smart Security のスッゴイところは、「強さ」も求めながらパソコン動作が「軽い」ことです。

「強さ」と「軽さ」を両立させる秘訣

一般的にセキュリティソフトの世界では、「強さ」と「軽さ」は両立できない相反する関係にあると言われています。
ESET Smart Security が、その不可能を可能にした秘訣は「プログラム」と「定義ファイル」にあります。

秘訣1プログラム
検出力を上げるためにいろんな機能を付加していくとプログラムはどんどん肥大化して重くなります。
ESET製品は、最初から軽くなるようにプログラム構造について熟考して設計されているため軽いのです。
秘訣2定義ファイル
従来型の検出方式だと、ウイルスが発生するたびに肥大化していく定義ファイルを読み込む必要があるので動作が重くなります。
ESET製品は、最小限のウイルス情報からウイルスの行動パターンを判別するため
膨大な定義ファイルを参照することがなく動作が軽いのです。

このような検出方式は、ヒューリスティック技術と呼ばれます。

ヒューリスティック技術とは?

  • 従来のセキュリティソフト

    膨大な定義ファイルでパソコンが重い…

    日々新種のウイルスが生まれる中、膨大なウイルス定義ファイルを頻繁に更新する必要があり、ファイル更新タイミングによっては通信にも負荷がかかります。

    この検出方式では、ウイルス定義ファイルに記されている既知(既存の)ウイルスは検出できますが、そこに記されていない未知(新種の)ウイルスは検出できません

    1分間に38種類のウイルスが誕生する時代では、未知ウイルスへの対応力は重要です。

  • ESET Smart Security 製品

    最小限の定義ファイルでパソコンが軽い!

    ウイルス定義ファイルを参照することなく、独自の判別エンジンでウイルスを検出するためパソコンや通信への負荷が少なくなります。

    この検出方式では、ウイルスのDNA(行動パターン)からウイルスを判別するため、既知(既存の)ウイルスだけではなく未知(新種の)ウイルスを検出することができます。

ヒューリスティック技術を独自エンジンに搭載

非常識を実現した「ThreatSense(スレットセンス)エンジン」
ESET Smart Security ( ESETセキュリティソフト )は、高性能なヒューリスティック技術を独自の
「ThreatSense(スレットセンス)エンジン」として搭載し、効率的にウイルス検出をおこない様々な脅威からパソコンを守ります。

また、最小化されたウイルス定義データ(シグネチャ)と遺伝子技術により新種(未知)のウイルスにも対応し、
感染を未然に防ぎます。

体験版ダウンロード

体験版のダウンロードにはメールアドレスが必要になります。
利用規約に同意されたうえで、メールアドレスを入力してください。

フォームの内容は、SSL通信により暗号化し送信されます。

ご購入

クレジットカード、コンビニ決済、PayPal決済の場合
お支払い後、すぐにライセンスを発行いたします。

ご購入